息子の毛穴レスな卵肌に憧れ、丁寧にスキンケア

現在2歳の息子。ツッルツルでいくら目を凝らしてもない毛穴。色白でピカーっと光を放つ卵のようは肌が眩しくて羨ましくて、毎日なでなで、、、。どうして子供の肌ってあんなにキレイなのか。

息子を見た後鏡で自分の顔を見る度、年齢を重ねるごとにこれだけ差が出るのかと時間の残酷さを思い知らされています。

息子の肌を目標にアンチエイジングを始めると、きっとキリがないので、少しでも、せめて毛穴だけでもキレイになればと日々奮闘中です。みなさんはどんなケアをされているのでしょう?

主婦で自由なお金もそれ程ないので、エステはそう頻繁に行けません。自分でできる範囲で頑張っているのですが、やっぱり限界を感じています…。

毎日の丁寧なクレンジングにこだわり、化粧水や保湿剤は一つずつ時間をかけてゆっくりと浸透させてみたり、週一回ピーリングやスペシャルパックをしてみたり、お小遣いはほとんどスキンケア代に工面して、育児の合間を見繕い、スキンケアに時間をかけるようになりました。

そんな涙ぐましい努力をよそに、スキンケアに時間をかける私に嫌味を言う旦那、は、無視しつつ、日々頑張っていました。

普段は日焼け止め美容液のみに留め、ファンデーションはつけていません。

化粧品一式エイジングケアラインに変え、自宅でできるケアは徹底していました。そんなこんなの努力を続けて約一年目。

少し結果が見えたように感じています。友人からも肌がキレイになった、何の化粧品を使っているかちょくちょく尋ねられるようにもなりました。

それでもやっぱり息子を見ると、自分の肌に物足りなさを感じてしまいます(T_T) 年齢に逆らえないことはわかっているつもりなんですけどね…。

時々町で見かけるおばあちゃんでも、ツルピカの卵肌の人ってどうやってケアしているんでしょうか?

生まれつきなんですかね??思わず声をかけて質問したくなる衝動を抑えることがあります。それ程アンチエイジングに取り憑かれている自分に時々うんざりすることもしばしばあったりします(笑)。

この歳になればある程度の妥協と諦めが必要ですね。いずれは息子の卵肌もこうなる運命なのだと自分に言い聞かせて、あれほど執着していたスキンケアもほどほどに頑張るようになりました。

少し肩の力を抜いた途端、スキンケアストレスから解放されたからか肌の調子もよくなったように感じています。なんでも“ほどほど”が大切だと学ばされた息子の卵肌でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です